日本に多い木造住宅

日本に多い木造住宅 住宅には様々な種類がありますが、日本では木造住宅が多くなっています。
その理由としては、まず鉄筋コンクリートの家よりも安く建てられるということがあげられます。
鉄は断熱性や吸収性が良くありませんが、木材は吸湿性も良く断熱性にも優れており、日本の高温多湿な気候に良くあっています。
空間設計の自由度が高いのも木造住宅のメリットといえるでしょう。
将来的に増築やリノベーションがしやすいのも木造住宅の良いところです。
欠点としては、鉄筋コンクリートの家と比較すると強度が弱いということがあげられます。
木材が腐食することは家の耐久性を落とすことにつながりますので、メンテナンスをしっかりとしておくことも大事です。
耐震性については、最近はより耐震性、耐久性を考えた家作りがされていますので、木造だから地震や災害に弱いというわけではありません。
業者によって技術力には差がありますので、家を建てる前には情報はしっかりと集めておくことも大切です。

木造住宅に住みたいならば壁の種類を考えよう

木造住宅に住みたいならば壁の種類を考えよう 将来的に木造住宅に住みたいと考えているならば、間取り等も重要ですが壁の種類もよく考えておきましょう。
外側の場合には、サイディングを利用しているケースが近年増えています。
サイディングは、費用が安いだけでなく手に入りやすい上に、火災等が発生した場合でも燃え広がらないといったメリットがあります。
また種類によっては、断熱性や遮熱性などを備えているものもあり、非常に人気です。
特にこだわりがなければ、それらの素材を利用してみると良いでしょう。
この場合には、定期的な外壁塗装が必要です。塗装は種類にもよりますが、10年から15年に1度は塗装をした方が良いでしょう。
こだわりの強い人が木造住宅を建てる場合には、木材をそのままむき出しにしているケースがあります。
表面は多少加工して劣化しにくいようにしますが、肌の柔らかい雰囲気を出したいために、特に大きな加工しないでそのまま木材を使うようにします。
最近は耐火性に優れているものも多く、魅力的です。