木造住宅の耐震性をアップする方法

木造住宅の耐震性をアップする方法 木造住宅の耐震性をアップする方法には、様々な方法があります。 建物は建てた瞬間から経年劣化が始まります。 木造住宅の耐震性を保つには、定期的に補強する必要があります。 床や屋根に構造用合板を入れると、揺れにくくなります。 窓が大きい場合はサイズを小さくして、強い壁を殖やします。 強い壁が増えると、より揺れに強い家になります。 壁の位置が悪い場合は、バランスよく配置して安定した構造にします。 構造の接合部が弱いなら、耐震金物を使って接合部を固定すると強化できます。 基礎の部分にヒビ割れがある場合は、樹脂などを注入して固めます 新しく鉄筋入りの基礎を重ねて強くする方法もあります。 最近は、地震に備えて耐震リフォームを行う家庭が増えています。 耐震リフォームでポイントとなるのが、開口部と壁です。 窓に補強材を取り付けると、窓の大きさはそのままで耐震補強ができます。 外側から設置できるため、室内側の工事が必要なく手間が省けます。

木造住宅で使われている木材達の特徴について

木造住宅で使われている木材達の特徴について 木造住宅で使用される木材達の特徴ですが、まず杉の木から解説をするとこの木は、加工が容易で扱いやすく安価で木造住宅を造り上げる際に使われる材料です。次にヒノキも住宅に使われる素材で特徴は香り高く丈夫ですが、一本の木が材料として育つまで時間が掛かるというのが欠点になります。他には、ケヤキと言う高級な木材もありこちらは、特徴がとても硬いことで知られており、大黒柱として使用されることが多い材料です。そして最後の素材ですが、アカマツと言う材料も有名な木造住宅に使用する材料でこのアカマツは、松脂の主成分が豊富に含まれているため、耐水性が高いのが特徴で、カビや湿気に強いです。ただし、表面を削ることで松脂が表面から零れ落ちてしまうため柱などで見える場所には使用することは無い素材です。木造住宅はこのような素材を駆使して、住宅を組み上げていきます。その為、素材が持つ特性を生かす形で住居を造り上げるため様々な気を組み合わせて住居を造り上げていくのです。